スポンサーサイト

  • 2014.09.04 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」

    • 2013.12.06 Friday
    • 23:00
    JUGEMテーマ:名探偵コナン
    どっちが勝つか三代目!VS高校生
    ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE



    遂にクロスオーバー作品が映画になりました!

    毎年恒例のルパン三世テレビスペシャルの企画の中で、2009年に放映された「ルパン三世」と「名探偵コナン」のクロスオーバー作品「ルパン三世VS名探偵コナン」の映画化作品です。
    一足お先に試写会で拝見してきましたので、その感想などを。


    【あらすじ】
    狙った獲物は必ず奪う神出鬼没の大泥棒、ルパン三世と
    小さくなっても頭脳は同じ!迷宮なしの名探偵!真実はいつも一つ!の名探偵コナンが対決するよ。


    ***ネタバレなし(辛辣に感想書いてます)***
    まあ、ネタとかあって無いような感じのいつものアレなんですが、ええ。
    わたし、実はちょうルパン三世大好き人間でありましてですね、もう“どっちが勝つか三代目!”とかサブタイトルに書いてる時点でお分かりになる方にはバレバレだと思うんですが。(ルパン三世1stネタです)

    そんな訳でちょっと、
    というかかなりルパン三世ひいき目な私が見た率直な感想を書かせて頂きますね。
    あんまり褒めてないです…(辛辣です、ちょう辛辣です)



    みんな知ってると思うけどVSとか言ってるだけで全然対決してないいつものアレ。



    まず、見終わった後の最初の感想は「随分と年齢層下げたなあ」という感じでした。
    名探偵コナンは毎年映画をやっていますし、客層が子供連れというのも考慮してなのでしょうが。
    ですがこれ、ルパン三世か名探偵コナン、
    どちらかがよっぽど大好きでもない限り大人がわくわくしながら見れるような出来ではありません。
    それは脚本的にも、作画的にも言えることだと思います。
    私が拝見したのは試写の段階でしたので、まだ本編が未完成の状態だったように思われるのですが、全国ロードショー一か月前を切ってこのクオリティか…と思わざるを得ないというのが本音。キャラクターの口と声が合っていないなどは当たり前で、色の塗り忘れなんかもあちこちありました。(試写は11月の下旬でした)
    まあこの辺はロードショーまでには充分完成されるだろうと思いますが、
    作画的には大画面でテレビスペシャルを見ているのと大差ないというのが率直な感想です。
    最初のアクションシーンや、途中途中いきなり一瞬だけ作画が良くなったりするところはあったんですけどね…。
    全体的にクオリティが素晴らしく高い、とは言えないのではないかと。
    テレビスペシャルよりかは良いかな、というレベルです。
    そして致命的なのは脚本
    もう、テレビスペシャルを無理やり映画用に薄めて伸ばしました!という印象しか受けません。
    最近のルパン三世のテレビスペシャルは、ただでさえ脚本の弱さを指摘されていますから、
    これ映画にする必要あったのかな?テレビスペシャルでも良いよね、とさえ思ってしまうものでした。
    しかし何よりルパン三世好きとして一番悲しいのは、何と言ってもその“オマケ感”です。
    17年ぶりにルパン三世が映画化する!と聞いた時、これ以上ないほどの喜びを感じましたが、
    蓋を開ければそれはルパン三世の映画ではなく
    “名探偵コナンの世界にルパン三世一味が遊びに来た映画”だったのだな、と。
    VS等と銘打ってはいますが完全に、工藤!ルパンが遊びに来たで!というノリですよ。
    二つの作品がクロスオーバーする事で、互いの良い部分を打ち消し合っているような印象を抱きました。

    たとえばルパン三世。
    狙った獲物は絶対はずさない、先の先まで計算立てて盗みの美学を完成させる
    これがルパン三世の本質とも言うべきスタンスだと思います。
    今回の映画では、コナン君の世界でルパンが何かやってるなあ〜というくらいの、至ってこじんまりとした“盗みの美学”しか拝見できなかったように見受けられます。
    ルパンがなぜ今回のお宝に目を付けたのか?
    についての理由付けも、随分と説得力に欠けたのが更に物足りなさに後押しをしています。
    ぶっちゃけて言いますと、いやルパンがそんな事するのかなとまで言っちゃうくらいの、あれでした。
    対して名探偵コナンはどうかと言うと、やはり謎を解いて、真犯人を見つける。そして事件を解決する。
    に限るのではないでしょうか。

    もちろん今回の作品でも、コナン君が謎解きや事件解決、真犯人を暴くべく大活躍する訳ですが、伏線も何もないんですよね。観客を置きっぱなしにして、後から実はこうでした!ああでした!というのが知らされる訳ですが、
    これは実にコナンらしくない演出だと思いました。
    今までのコナン作品ですと、何かしらの伏線やヒントが全編に散りばめられ、観客にもあの人が犯人なんじゃないか?
    と思わせるような話の展開や演出になっているというのが常だったように感じます。
    そういったものを全て排除し、最後の最後になって全部の謎がいきなり説明口調で種明かしされちゃあ、見ている側としてはそんな説明口調で謎解きされてもなあ…という感じです。
    むしろここまで来ると謎解きじゃあないです。
    謎が謎になっていない。いや、ある意味本当の謎になっちゃってる、って感じなんですけどね。
    何が謎なのかさえ、もう見ている側としてはイマイチワカラナイ。
    ただ何となくコナン君が頑張ってて、ルパン一味がそれに関与してるみたいで、という感じ。




    テレビスペシャル視聴前提のストーリーなので予習必須です!

    基本的に、テレビスペシャルとして放送された「ルパン三世VS名探偵コナン」を見てからでないと、
    最終的なオチも分かりませんし、充分に楽しめない形となっていますのでその辺はご注意ください


    この二人のコンビ、相変わらず素敵よ!

    作品の枠を超えたコンビや掛け合いはテレビスペシャルを踏襲し、とても魅力溢れるものとなっていました。
    やっぱりそこは見どころかなあ。
    キャラクター愛と言うか、そういう目線ではとっても楽しいと思います。
    お話の面白さでは、テレビスペシャルのルパコナの方が好きです。
    個人的には、ですけど。

    ルパン三世好きとしては、やっぱりルパン三世パイロットフィルムを意識した演出
    そして随所に溢れるルパン三世1stへのオマージュ
    歴代ルパン三世キャラクターの友情出演にはグッと来ましたね〜!
    しかしそれは裏を返せば、いつまでもこうして過去作に拘りファンを失わないようしている様にも見受けられ、
    何だかちょっと複雑な気分です。
    もう過去作に頼る事しか出来ないのかな…って悲しくなりますね。
    ルパンに出て来たあんな人やこんな人(脇役たち)に会えるのはやっぱり純粋に凄く嬉しかったですけど。


    散々辛辣な事を言いましたが、私はルパン三世が大好きですし、そんなルパンが大スクリーンで見れる!
    というのは本っ当に嬉しい限りです。

    今度はぜひルパン三世単体で映画化して欲しいなあ〜。



    12月7日全国ロードショーですー。


     

    スポンサーサイト

    • 2014.09.04 Thursday
    • 23:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ルパンのTVスペシャルの脚本に関してすごく同意見です!

      まだこの作品は見れてないのですが自分も単体での映画を希望します( ´∀`)
      • 某隊長
      • 2014/01/03 9:35 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM